筝演奏家「翁長洋子(外間洋子)」-Onaga Youko-
翁長洋子(外間洋子) -Onaga Youko-
Welcome to 'Onaga Youko' Official Web Site!

=☆= New 2021.02.16 up =☆=

翁長洋子あらため富里洋子です


2021年 丑年 旧正月
明けましておめでとうございます
みなさま如何お過ごしでしょうか。


思えば昨年の2月の今頃、さてホームページ更新を!
と作業に取り掛かる丁度その時

コロナ??

耳に新しい未知のウィルス発生が報道されました。
何かとても嫌な予感。

2月13日即、
医院の感染対策にスタッフ一同取り組みました。
〜ホームページ更新 うっちゃんなぎて〜


思えば2000年の年明けから2021年1月いっぱい
毎週土曜日に開催の
「アワセ第一医院開院30周年記念ロビーコンサート」
_
を締めくくり、2月からの次の企画
アワセの小劇場〜での演奏会を
練っているところでした。
アワセの小劇場
(沖縄市泡瀬2-51-15-1F)


どおも、とんでもない状況。。
県内外の、いや、世界中の舞台活動や
その他の活動もストップ。
それどころか瞬く間に世界中に蔓延していったコロナ菌。

来る日もくる日も報道に釘付けになりながら、
これは現実?

仮想空間のような現実に怖さと無力さを感じたのは
世界中の皆んな同じだったのでしょう。

こわい事に慣れを感じ始めた自分。
気持ちに余裕らしきを持ってきた自分。
それに呆れる自分。
何か自分を見つめ直している自分。
足元を掘って色々な気持ちを辿っている自分。

今振り返ると多分に通常の日々の暮らしの中では
及ばなかった自分探しを経験できたのではないか
と感じています。一言では表せない感情で。

さて怒涛のような一年が過ぎ、ワクチン開発
そして接種を待つという状況になりました。

しかし、コロナ終息後の世界が沖縄が
家族が自分が、どおしていくのだろう。
きっとこれまでに無い未知の未来を
皆んなして歩んでいくのでしょう。
この経験を生かすべく。

生田流筝曲を学び、色々な自分が居る中
50年弾いてきた楽器〜筝〜


さて、これから箏に、どお取り組んでいくのか。
さまざまな企画で演奏活動をしてきたことに
悔いはないのですが。

やり残した箏の世界は?

これまでの活動、舞台を大まかに振り返ってみました。
初めて。
撮り溜めていた山ほどの記録をひとつひとつ。

実は、忙しさにかまけて振り返らない自分が
初めて行った作業です。
感想〜何とまぁ〜心技ともに若い。
はっきり言えば未熟。
苦笑。

いつも、やってみたい企画が溢れて
情熱いっぱいに人を巻き込み走りながらの活動でした。

未熟な私に、何とその都度おしまず力を貸して
下さった方々、先生方々に心より感謝しています。

今回ホームページ更新にあたり、再度ご紹介したい
場面を少しづつアップしていきたいと考えました。
感謝を込めて。
私の未熟な点は御容赦くださり、どおぞ御覧ください。
    第一弾は、バイオリニスト鳩山寛先生との共演です。

    鳩山寛プロフィール
    (翁長洋子リサイタル〜小さな春〜プログラムより)

    ・1960年
    ABC交響楽団コンサートマスターとして、ヨーロッパ7ヶ国演奏旅行。

    ・1963年
    東京交響楽団コンサートマスター就任。
    15年間同交響楽団の主席コンサートマスターを就任。
    TV、映画等に出演。
    鳩山室内楽団を組織し、室内楽の演奏活動をする。
    同室内楽団により、ハイドン作曲の弦楽四重奏曲(全87曲)を2ヶ年がかりで全曲演奏を行う。

    ・1978年
    東京交響楽団を辞任。
    鳩山室内楽研究所設立。
    鳩山室内楽コンサートを主に演奏活動を続ける。

    ・1994年1月
    鳩山室内楽コンサートは第37回コンサート開催。
    現在「オーケストラを日本中に作ろう会」の代表として、ベートーベン「運命」「田園」、シューベルト「未完成交響曲」などを演奏。
    オーケストラの組織作りや活性化尽くしている。
    沖縄県立芸術大学教授。

    ・2012年
    沖縄県立芸術大学退任。
    退任後も沖縄で活動を続ける。

    ・2016年12月23日
    東京の御自宅で永眠されました。

    鳩山先生は旧姓親泊
    お父様の遠山寛堅氏は、沖縄の昭和期を代表する空手家
    鳩山一郎元首相と春子夫人
    そして鳩山由紀夫元首相との対面〜沖縄にて〜

    ▼参考資料(リンク先)を是非ご覧ください。
    a.鳩山寛と遠山寛賢、バイオリンと空手(2012年9月30日.チロリン村からきたジュニア)
    b.鳩山由紀夫元首相と対面
    「ダブル鳩山」友愛の奏で 旧姓親泊さん(2014年6月1日.沖縄タイムス)〜鳩山寛先生と「春の海」「てぃんさぐの花」そしてアンコールで「涙そうそう」を演奏しました〜
    c.鳩山寛さんの訃報(2017年1月7日.nekotama)
◆◆◆
箏リサイタル〜小さな春〜より
(1995.1.12.撮影)

@春の海


A土声


B壱越


詩曲〜響とよむ〜より
開演前インタビューと春知らし節

〜春知らし節〜 普久原恒勇 作曲
【歌】伊波智恵子
【胡弓バイオリン】鳩山寛
【三弦】三弦木謡会
【笛】弓の会
【金箏】上地尚子
【琉球箏】神谷和恵・久手堅直子・岡本陽子・米須好子・具志堅蓉子
【十七弦】翁長洋子・仲里千枝子

詩曲〜響より〜 普久原恒勇 作曲
「ゆがふ」「第3章」「まつり」

【バイオリン】鳩山寛
【三弦】金城実・上原昌栄・嘉数富夫・花城安和・仲田正伯・名嘉常安・金城実男・金城メリ子・外間千代・宮里ケイ子(鳴物)
【胡弓】上原鉄男・祖慶良規・又吉真也・稲嶺一夫・高宮城実人
【パーカッション】伊波智恵子・ひがけいこ・比嘉あゆみ
【笛】大工廻朝清
【ソプラノ筝】翁長洋子
【一筝】宮城瞳・岡本陽子
【二筝】川上君子・狩俣芳子
【十七弦】外間峰子・仲里千枝子
【琉球箏】神谷和枝・久手堅直子・上地尚子・米須好子・具志堅蓉子


アワセの小劇場

2017年4月17日開設のプライベート空間

アワセの小劇場
首里石嶺のアトリエコンサートを引き継いだ
観客席30ほどの小空間で独自の企画公演を行っています。
住所:沖縄市泡瀬2-51-15-1F

アワセの小劇場_アワセの小劇場

アーカイブ